2006年04月20日

怪奇倶楽部「心霊写真の女」

小学生篇第4話 「心霊写真の女」
神社の階段で楽しげに写真を見ていたのぼる。恐ろしい女性の顔が写っている写真を見つけて顔色が変わります。学校で、武に合成写真と言われてしまいますが、エリカは嬉しそうに、写真を撮ったこの場所に行ってみようと提案します。山登りをして撮影場所にたどりついたのぼるたちは、優しそうなおじさんに「ここはまむしが出るからもう来ない方がいいよ」と言われます。その夜、のぼるの家の電話がなり、のぼるが出ると..「おまえを呪ってやる」という女性の声が聞こえ、次の瞬間白いカーテンが風で揺れてガラス戸の隙間に~~~恐いからもう書きません。ビデオを見る楽しみを奪ってもいけないので。
この回ではじめてタッキーをしりました。私としては記念すべきこのお話。私が知ってる限りでは「怪奇倶楽部」の中で1番恐いです。のぼるが電話に出た時のあの場面!!心臓がぎゅっとなって体が跳び上がるかと思うぐらい恐いです。私は苦手。でも滝の驚き方があまりに上手なので見てしまいます。腰を抜かしたように座り込んで「あー...あー...」って固まってる。あ~~こわい。森での場面も恐かった。滝はここでもやっぱり怖がり方が上手でした。

木曜の怪談 怪奇倶楽部~小学生編1

木曜の怪談 怪奇倶楽部~小学生編2
posted by kazu~ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | 更新情報をチェックする

怪奇倶楽部「こっくりさんの祟り」

小学生篇第3話 「こっくりさんの祟り」
こっくりさんをしていた女子高生が数人、その最中に大怪我をします。こっくりさんの紙は風にとばされ神社の木の枝にひっかかって..ここで、オープニングわくわく..登校中のえみ(エリカと仲良しの同級生)が紙を見つけてそのまま学校へ持って行ってしまい、それからさまざまな事件が起きるのですが..怪奇倶楽部はただの「恐い話し」で終わらない。「不覚筋動」「潜在意識」などの話題もあって面白いし、「人の心は弱くてちょっとしたことで歪んでしまったり人を信じられなくなったりするものだけど、同時に人はそれを乗り越える力も持っている。」というテーマも、これがただの怪談話しじゃないことをものがたっています。科学と非科学の両面が出てくるので、好きです。この第3話も見たことありました。そんなに前のドラマじゃないのに、滝の成長が早いので随分前のドラマだと勘違いしてしまいます。「あぶない!」って紺野をかばうのぼるは、いつもながら、かっこよくて優しい。このキャラクター。

木曜の怪談 怪奇倶楽部~小学生編1
posted by kazu~ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | 更新情報をチェックする

怪奇倶楽部「人間消失」

小学生篇第2話 「人間消失」
夜のタクシーの中からお話ははじまります。女性客と話している途中で声がしなくなったのを不思議に思った運転手が、バックミラーを見ると、そこにいたはずの女性がいない。悲鳴をあげて車から逃げ出す運転手..ここでオープニング。これが最高にかっこいいのです。音も映像も、わくわくします。
クラスメイトも、エリカの弟シュウまでも次々と消えてしまい、のぼるたちは原因を突き止め、みんなを助け出そうとします。 私が初めて見たのは第4話なんですが、この第2話見たことあるんです。それもはっきり場面を覚えているので、きっと傑作選などで再放送されたんだろうな。合わせ鏡のお話をここで初めて知りました。のぼるがエリカを鏡から引っ張り出す時、「エリカ!!」と叫んだのはなぜでしょぉ?いつも「紺野」なのに・・

木曜の怪談 怪奇倶楽部~小学生編1
posted by kazu~ at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | 更新情報をチェックする

怪奇倶楽部「花子さんの探し物」

怪奇倶楽部 小学生篇第1話 「花子さんの探し物」
赤星のぼるはごく普通の小学6年生。ただひとつおじいちゃんが変わってるってことをのぞけば..おじいちゃんは冒険家。いつものぼるに「不思議な事、なんだか分からない事はいつの時代にもある」と話している。
校内でトイレの花子さん目撃の噂がたつ。それに花子さんを見たら怪我をするらしい。学校の花壇でエリカの弟シュウが薄緑の石を拾う。ふと見上げると誰もいないはずの理科室の窓に女子生徒が..エリカとのぼるが廊下で花子さんらしき女子の後ろ姿を目撃。「どこかで見たことある..そうだ!トイレの落書き!」とエリカ。みんなでそのトイレに調べに行くと..(行くなよ~こわいよ~私も圭太(今井翼君)といっしょに「帰ろうよぉぉぉ」と言いたい。) 怪奇倶楽部の一回目なんです。独特の子供声、やんちゃなかれた声..目玉焼きぱくついてる表情がかわいい。「コギトエルゴスム」(我思う、故に我あり)..これはのぼるの祖父が作ったコンピュータープログラム「クラスター」を呼び出す言葉。「不思議なものは不思議なもののままとっておく。(幽霊、宇宙人と決めつけず)..それは、とっても素敵な生き方だと(上げる)思う。」ラストでのぼるが語る言葉(今回のテーマ?)も素敵です。 理科室で花子さんの後ろ姿を見てしまったのぼる!振り向きそうになった時、あわてて隠れる!そのあせったような表情が最高に上手だと思います。中学生であんな演技力があるなんてすごいと思いました!!

木曜の怪談 怪奇倶楽部~小学生編1
posted by kazu~ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

木曜の怪談~怪奇倶楽部~

登場人物紹介
のぼる:赤星のぼる(滝沢秀明)
けいた:青木圭太(今井翼)3人の中で一番小さかった翼君、メガネをはずしてコンタクトに変えた朝、ちょっと変身。勉強好きの役柄。カップに前歯が当たってNG出したり、今のクールさとのギャップが楽しい。
:黒岩武(川野直輝)ドラムがたたけるジュニア。肌、骨格、目元、視線、全体の雰囲気、どこをとっても美しい、綺麗な人。怪談トリオの復活祈る。
エリカ:紺野エリカ(野村佑香)「チェンジ」は面白かった、浅野温子さんと共演の母と娘が中身だけ入れ替わるお話。
:藍原晶(前田愛)男の子のような髪型が良く似合ってた。ガメラ3、ベストフレンドなどに出演。妹前田亜季ちゃんもかわいい!。
シュウ:紺野修平(森廉)エリカの弟。一生懸命年上の子たちについていく姿がけなげ。

木曜の怪談 怪奇倶楽部~小学生編1
posted by kazu~ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | 更新情報をチェックする

このサイトについて

PC版は、1999年10月にはじめました。
情報量が多いので、携帯でも見やすいページをと思い、ブログで携帯版を作成することにしました。
タッキーのドラマレポ・イラストなどをできるだけ載せていきたいです。
どうぞごゆっくりかわいい
posted by kazu~ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

わかった

携帯で確認してみたら、
カレンダーとか、検索とか、カテゴリとか・・
あってもなくても同じなんですね
勝手に切り替えてくれるんですね
最新のタイトルが並んでいて、画像がある時には
画像を選べば表示される・・
じゃ、パソコンで見たときのためにつけておいた方がいいですね
ただ長い文章はだめでしょうね
イラストはしっかり出てましたプレゼント
カタカナはちゃんと半角になってました~
さっそく、カレンダーとかカテゴリを入れよう


posted by kazu~ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

携帯で見ると

カタカナとか半角になっているのでしょうか?
本で読んだのですが・・
それと、あんまり長くなると良くないですよね?
パソコンと違って
お、このパソコンって字は半角ですよね??プレゼント
posted by kazu~ at 17:57| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。